スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネモフィラと魚の旅(3)大洗で路線バス、狭隘に驚き

ネモフィラと魚の旅(3)
茨城交通 系統[50]の狭隘道路走行


第1部からご覧下さい

阿字ヶ浦から再びひたちなか海浜鉄道湊線、那珂湊(ひたちなか市(旧・那珂湊市))で下車。
s-102.jpg 那珂湊駅
駅と市街地は微妙な距離感。港町らしく海に近いところ、つまり港が一番活気があった。
魚市場で見学と食事。一皿210円~315円くらいで食べられる回転寿司の魚はうまみが深かった。さすが港の寿司。

その後、海門橋を歩いて渡り、祝町(東茨城郡大洗町磯浜町)。
アクアワールド大洗水族館をスルーして、大洗駅に出るため、茨交の路線バス、系統[50]茨大行きを待つ。
s-114.jpg 海門橋から見る那珂湊港

[50]は那珂湊~大洗~水戸を結ぶ。かつての水浜電車の経路に近い。さっきの海門橋の下にも橋脚跡らしきものも残る。で、この連休中は遅れるぞ、遅れるから一部休止するぞとの旨の掲示が出てたけど、まあ夕方だし、そんな混んでないから大丈夫かと思ったら、しっかり遅れてきた。

s-116k.jpg 遅れてやってきた

茨交バス二度目にして初めての有料。結構乗っているな。
この先、ゴルフ場の横を通り、幕末と明治の博物館を経て、大洗海岸の旅館・ホテル街に入った。

s-160ck.jpg 大洗海岸

それでその後鳥居前にさしかかる。ここまでは普通だった。
s-161ck.jpg 鳥居

この先なんと、狭い商店街に入り出したのだ。
s-163ck.jpg 商店街に突入

いきなり狭隘、しかも両側に小商店が立ち並ぶ道に入り出した。路上駐車もなんと両側。観光地だから歩行者も数名のグループで歩いている。これは大変だ(楽)。
磯浜(旧・磯浜町の中心部)だ。

大洗港の一つか二つ北にある道だ。大洗港の前ではなく、昔からの町を通るのか。あまりに余裕がない。
曲松とか永町(ながちょう)とか言う停留所を通る。

s-168ck.jpg 両側路上駐車はまずい(永町付近)

これが結構長くて、途中に鉤の手風のクランクまであり、右に左に曲がる。路上駐車と歩行者が道をより狭く感じさせる。なんだか危ういな。[50]の磯浜侮れん。

そんなこんなで、その後普通に余裕のある2車線の道に入り、大洗駅入口。運転士さんに教えてもらった道(ご丁寧にどうもありがとうございます)で大洗駅まで歩くが、観光地の駅前っぽくないのは約16年前と変わらないな。
s-169.jpg 今回は乗らなかった「海遊号」(大洗駅)

ここから鹿島臨海鉄道大洗鹿島線。再び「ときわ路パス」のフリー区間に入る。
水戸経由で帰る。


大きな地図で見る





第1部へ戻る
スポンサーサイト

theme : 国内旅行
genre : 旅行

tag : 茨城交通 魚市場 那珂湊 大洗 大洗町 磯浜 路線バス 茨城 狭隘 商店街

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

完、ですか。
お名残惜しいです。
またのお越しを。
(吉田)

車要らずのひたちなか・大洗

★ひたちなか海浜鉄道 吉田様
ご覧いただきありがとうございます。

湊線自体も短いのに車窓の変化が楽しいですが、ひたち海浜公園は想像より良いところであると思いました。那珂湊とひたち海浜公園を結ぶ連絡バスがあると今回のような湊線を軸にした周遊ができます。自家用車でなくても十分回れることを実感しました。

列車やバスはその土地の“空気”がわかり、旅をした気がするのでやめられません。
違う季節にも行こうと思っています。
プロフィール

よるの

Author:よるの
「バスのる! つくば・土浦・牛久・龍ケ崎の路線バス」管理者がたまにいろいろやったり、言ったり。
★だいたいのテーマ:路線バス/鉄道/茨城/労働・雇用

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。