スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜ヶ崎取手線、佐貫駅経由化

竜ヶ崎駅~藤代~取手駅間の関東鉄道のバス路線が4月1日から佐貫駅を経由するようになりました。
公式サイトと現地掲示に情報が出ています。
竜ヶ崎駅~取手駅の系統は長々としていても分断されないのは、竜ヶ崎駅近くにある竜ヶ崎営業所から取手地区への出庫系統の意味合いもあると思います。
そのため、平日は毎時一本程度と“使える”本数があります。

竜ヶ崎駅から取手駅へ出る鉄道代わりとして使うのには、昔ならいざ知らず、運賃が高過ぎ、乗客は取手駅が絡む区間利用(取手市藤代地区くらいまで)に偏っています。

昔ながらの鉄道並行型で、藤代~竜ヶ崎駅間途中にある川原代地区界隈には鉄道に比してこまめに停留所があるものの、取手方面は佐貫駅、藤代駅とも経由しないため、駅に出る目的なら最遠の取手駅まで長々と高い運賃で乗らなければなりませんでした。

そうした“敬遠”需要を取り込もうとしたのでしょう。

3月に双葉団地出入庫のための竜ヶ崎駅~佐貫駅西口間の系統が廃止された理由がこれでわかりました。

佐貫駅の停留所は「佐貫駅東口前」と言い、コミュニティバスの佐貫駅東口停留所と同じ駅前広場外だそうです。広場東側に隣接している道路のバスベイです。
となると今回変更された経路の取手方は佐貫駅南口商店街でしょうか?それだと佐貫駅入口停留所が移設(これもコミュニティバスと同じ?)しているはずです。

何にしても老舗路線の興味深い経路変更でした。趣味的にはバスの独自性というか鉄道に媚びない経路設定が無くなり意外に思っていますが、こういう“時代に合わせた”見直しは歓迎されるべきでしょう。

佐貫駅から、昼間割引200円で、鉄道より安く竜ヶ崎(龍ケ崎市街)へ行こう!?(まさか割引対象外じゃないよな)
スポンサーサイト

tag : 路線バス 関東鉄道 龍ケ崎市 佐貫駅 茨城

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よるの

Author:よるの
「バスのる! つくば・土浦・牛久・龍ケ崎の路線バス」管理者がたまにいろいろやったり、言ったり。
★だいたいのテーマ:路線バス/鉄道/茨城/労働・雇用

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。