スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国鉄バスと「JR東日本」バス - 千束町

m-017.jpg
土浦市街の外れにある千束町バス停はタイムマシン。
このあたりでは多くない行灯式標識。
↑拡大してよく見ると
「国鉄バス」って書いてあるんだな。
2008年11月現在、土浦に「現存する」国鉄バス(※1)。
017cut3.jpg
今となってはかなり珍しい。
少なくても20年以上前設置の標識柱であることがわかる。
行灯型は新しいのかと錯覚してしまうが。

(※1:日本国有鉄道は1987年に分割民営化し、当バス路線・南筑波線はJR東日本に継承される。)

「JR東日本」(※2)と上貼りしているところも。しっかりロゴになっている。列車に乗れそうな雰囲気(笑)
017cut.jpg
(※2:JRバス関東になる前の一時期はJR東日本が直営でバスやってた。)

1枚目の画像にもどって、最近廃止になった(JRの)「下妻」はともかく、「石下」というのには今からするとちょっとびっくり。今は全便土浦二高経由(※3)だし。あの道路改良はもっとあのなんだよね、警察署の前あたりはたしか。
さらにここの道路・土浦学園線ができる前の石下系統の市街区間はどうだったのか、興味深いね。
関鉄も隣が「粕毛」なんて。田中地区に停車できなかった記念碑になっている。

(※3:現在の関鉄パープルバス 系統[19])

で、「JRバス関東」とは表記が無い。
なんでか?


(答え)現行の標識は隣にあるのだ。
l-022k.jpg
ライトが点くだけなのかな。
スポンサーサイト

theme : 茨城
genre : 地域情報

tag : 土浦 土浦市 関東鉄道 JRバス関東 バス 路線バス 遺物 バス停

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よるの

Author:よるの
「バスのる! つくば・土浦・牛久・龍ケ崎の路線バス」管理者がたまにいろいろやったり、言ったり。
★だいたいのテーマ:路線バス/鉄道/茨城/労働・雇用

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。